コンデンサースピーカーは音色が特別

オーディオの魅力はいろいろだけど、オーディオがよくわかっていて耳の良い人は、クォードのアンプを評価されますね。

スピーカー、ビッグアポジー(アルミリボン)や、クォード等コンデンサーは大変魅力的な音色です。鯱張って音楽を聞くのは”演奏会”だけで十分(うたたねしながらいびきをかきながら、なんてできませんので)
その点、オーディオは最高。音楽を聴きながらリスニングチェアで気持ちよく”うたたね”

そんな時いちばん気持ちがいいのは”コンデンサースピーカー” だと思います。

ただ静電型スピーカーはメンテナンスや修理が大変らしいです。皆さんどのようにフィルムについた汚れを落としているのかなぁ。洗剤付けて洗う人もいるみたいだけれど。

コンデンサースピーカーはやっぱり音色が特別。
メーカーもフルレンジが多いです。よくわからないですが、コンデンサー型にコーン型のウーファーをつけた製品はなぜか良い音とは感じない、なぜだろう?
アルミリボンの場合は、infinityのように5ウェイのものまであります。

フルレンジコンデンサースピーカーを使って、低域に”インフィニティ”で使われてるウーファーを合わせたら、どんな音色がするだろう?一度トライしてみたいです。